東京法務局の仕事

東京法務局の仕事ですが、主には不動産登記,商業・法人登記,供託,国籍,人権に関することが主な内容です。
東京法務局がなんとなく身近で無いことが分かる気がしますよね。
この中で直接、東京法務局へ行って手続きすることは無いような気がします。
でも東京法務局に間接的には、お世話になっていそうです。

東京法務局がやっている業務は登記関係です。
東京法務局に登記するということは、法に定められた一定の事柄を帳簿や台帳に記載することをさします。
一般には権利関係などを証明するというか、一般に知らしめるために、法務局(登記所)に備える登記簿に記載すること、又は、その記載をいう。

具体的には

不動産登記:不動産の売り買いなどをしたときの所有権利などを登録することですね。

商業・法人登記:会社を興したり、商売を始めるときにも登録するんですね。

これらは、通常個人が直接東京法務局へ出向いて手続きできないです。司法書士さんなどに頼んで登録してもらいますから、東京法務局のことが印象には残らないですね。

まずは東京法務局の一番主な仕事内容です。